2018年6月24日日曜日

窯詰め

やっぱり・何とか窯詰ができた。依頼を貰っていた物はもう少し作らなければ、とは思っていたがなかなかの捗らないし、既に1ヶ月を過ぎているので、本焼きとしませう ..^^


下棚、
上棚に紫辰砂の花器風、
明日本焼きの予定、 約13時間の釜番だから朝4時ごろからで良いかな、


2018年6月23日土曜日

1人の食卓

いつもの昼食、マルちゃんの袋ソバに玉ねぎ+ピーマン+たまご、今回はトマトも入れた。

金曜日の夕飯はカレーとしているが昨日も忘れたというより疲れと酔いにて1日順延とした 、
 1人の食卓は、美味しくないし、寂しいね。。^^;;

釉薬の紫辰砂、りんごの形にかける予定だったが、買ってそのまま放置していたので、カチコチに固まって、柔らかくするのに半日もかかった...^^;;
固まりが和らぐために酸化バリウムをごく少量入れれば良いのを思い出して添加した。
販売元に問い合わせると、工場で調整済みだから添加してはダメとの話は、無視させてもらった。
何故ならば1時間も経たない内に、再度カチコチになるからだ。

抹茶のお茶入れ、何とか名前があるらしいが、これを焼くために窯の空間を埋めるため、窯一杯にしないと、空焚きに近くなるためだ。

2018年6月22日金曜日

日影バス停から小仏城山・高尾山口へ

明日の土曜日23日は雨の予報だったので、一日はやめて今日歩いてきた。
新宿駅の通勤混雑は半端なく大混雑なので7時前に通過する様に出かけた。












2018年6月20日水曜日

釉掛けの準備

自作の影青と、新しく仕入れた紫辰砂(まだ封を切ってない)とを掛ける下準備をした、が、今日1日では終わらなかった...^^;;
釉掛けはいつも苦労するな〜、 さらに、雨の日は常にやる気を損なうし、

明後日22日は、梅雨の合間で晴れの予報なので、日影バス停から歩く予定にしているので、本焼きは日曜日24日か、25日かな ? 。。

2018年6月17日日曜日

陣馬山は雲の中だった

曇っていたが雨は止んでいたので出かける、
9:05 藤野駅から歩き出す _  9:30 陣馬山登山口
 ここが登り口

 雲が流れてくると雨が降る、
 11:15 頂上に着く、1時間45分間、山道が濡れて歩きにくい、
 来た道を戻る予定だったが、景信山へ向かう、結石はそれほどには痛みが無かった、
途中の明王峠にて昼食とした、
 景信山の巻道にて小仏峠へ向かう、水溜りがあちこちに、滑る滑る、
 13:40 小仏峠に着く、

14:12  バス停に着くと、バスは出たばかりだった、14:40 のバスに乗る、休日は臨時バスを出してくれる、助かります。
しかし、陣馬山から高尾山への道は、大混雑だ、「こんにちは」の言葉は疲れる..^^;;



2018年6月16日土曜日

ちょっと寒いね


朝は小雨だったが、気温17℃は寒い、30℃を過ぎた日があったから余計に寒く感じる.^^;;

明日は、単独で陣馬山を歩く予定。藤野駅から一の尾尾根を往復の予定、結石の状態を確かめる、様子を見ながら歩くこうか、と。痛みが出たら引き返す予定。
届けは出しません。藤野駅 9:33 着、この駅から歩く、15:00 頃駅に戻る予定。



2018年6月14日木曜日

素焼きの窯番

この写真は、キャノンのデジカメから Wi - Fi にて iPhone に送った。しめしめ...^_^.. いちいち接続コードを繋げなくても両方を近くに置けば繋がるらしい。
iPhone と Mac との写真は同期しているから楽になったよ。

昼食はいつもの・マルちゃんの蕎麦に大豆もやし入り、昨日の残り分。
・大豆もやし・はかなり高いが、と言っても一袋百円は超えてない。素晴らしい野菜だ。
この写真もデジカメ  =>  iPhone  => Macbook にて伝送した。  ..^_^;;