2018年7月22日日曜日

ヨシズ(葦簾) を買いに行こうとしたが、、

10時少し前に、自転車に空気を入れ D2 へ行くも、汗が止まらずポタポタと、で、ここには無かったので帰宅。
では、歩いて別のホームセンターに行こうと思ったが、体温と同じ気温なので、途中で倒れるかも知れないと思い引き返した。ヨシズ、ヨシず、だ。

九尺・九尺 のが欲しいが、ネットで調べると送料の方が高い。

2018年7月21日土曜日

新聞記事から

東京新聞に夏山の記事が乗っている、
やはり今、中高年を中心として登山はプームとか、しかし山岳遭難も高水準で、特に昨年は統計を始めた1961年以降、最多らしい。昨年も60歳以上が遭難者の半数以上。
事故の形態は滑落・転落などよりも、道迷いが4割以上で一番多いとか。
遭難者全体の3割以上が単独登山らしい。

中高年や初心者らに心掛けて欲しいのは、力量に合った山選びやゆとりのある計画、装備の選択だ。
と -  -  -  -  -

自分は、もはや2,000mを超える山歩きは出来ない (体力的に)、山小屋泊は好きで無い、
主として、東京近郊、日帰り、標高差 : 約600m以内、歩行 : ほぼ5時以内、

・iPhone のGPS 地図により、どこに居て、どこを歩いているかは把握できる、さらに軌跡を表示させれば、道が違うのを確認できる。この地図は紙の地図と全く同じだ。

・妹に迷惑をかけて申し訳ないが、 ネット経由で登山届け Compus を出している。
低山でも、山は山だ、と自分に言い聞かせている。
なるべく単独は避けているが、どうしてもの時はなるべく何度か歩いた山にする。

・山歩きは、健康寿命をなるべく伸ばす為で、単なる長寿は考えて無い。それでなくても身体はあちこちとボロボロだから ..^^;;

・この狂った様な暑さでは、山歩きは出来ない。。
_ _ _ _ _
この記事の前文は、独裁政治の酷評、「あ・ + あ・・」の事だ。 日大も同じ独裁だね。


2018年7月20日金曜日

この異常気象は、どうしたことか !?

12時少し過ぎには38℃を超えて居た、午後1時からM R I検査の為に出かけるが、
こんなにも長い期間暑さが続くのは初めて、しかも日に日に暑さが増す。
さらに年を追うに従って暑くなるか ???    朝の7時でも31℃もあるし ....

それと、M R Iの騒音は最悪だった、耳の鼓膜が破れそうになるほど約40分間も。
かなり古いアメリカ GE製の機械だった。


2018年7月18日水曜日

墓参りで帰ると、熱波だ!

朝8時半ごろに駅に着き、バスで向かう、バス停にて車で迎えられた、花は現地調達、
 墓の周りには草が一本も無く綺麗にしてくれてた..^_^;;
 帰宅すると、アスファルトの輻射熱がひどくフライパンの上にいる様だ、
家の裏の小さな空き地にトケイソウが咲いている、勿論、植えて無いが・・・
38℃だ、多分、東京都の気温は35℃だよね、
熱波だ!!

2018年7月17日火曜日

微熱と同じ気温 !?

今日も、まだ、狂った様な気温だ、37.5℃ ??

明日も暑い・38℃の予報だが、父の命日なのでお墓参りしてこようか、と。


2018年7月15日日曜日

エアコンが無かったら死ぬよ




疲れた !?



ヒグラシ・かなかな・と鳴くセミの大合唱、朝からずーと鳴いている、ヒグラシでは無い、・いちにちじゅう・だ。




この頂上付近では崖崩れが激しい、大雨が心配、